【法光寺】2024年法要の様子

2024年法光寺 月例法要の様子

法光寺 月例法要 2024年6月9日(日)短夜の候、平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。
皆さんお元気でいらっしゃいますか。法光寺にて6月の月例法要が執り行われました。梅雨入り前に日中の暑さが厳しくなりだしましたね。
春には桜の咲き誇る荘厳な風景でしたが、この度は山の緑がとても美しく、永遠陵前で法要はお写真をご覧いただきおわかりになられますが、小雨の心配があり室内での法要とさせていただきました。ご了承くださいませ。
ご身内様にかわり、法光寺ご住職により月例法要は無事に執り行われましたので、安心して故人様のご供養はお任せください。
これからも、山石社員一同、お客様に安心してお任せいただけるよう、精進させていただきます。
増して朝晩の寒暖差などもあり不安定な気候ですので皆様、どうぞご自愛くださいませ。

合掌

軽暑の候、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 桜前線が足早に北上し、今は北海道で桜が見ごろとなっているそうですね。方向寺は、すっかり新緑の風景に彩られてまいりました。
ゴールデンウィークまっただ中、皆様いかがお過ごしになられていますか? 今年もお近くに行楽・ご旅行と、お出かけになられた方も多かったようにうかがいました。ゴールデンウィーク半ばで天候が心配されておりましたがおかげさまで5月の月例法要も無事に執り行えましたので、ここにご報告申し上げます。
穏やかな気候の中、執り行うことが出来ました。 お昼間は風薫る心地よい暖かさも感じられますが季節の変わり目でございます。 皆様、日々の疲れを持ち越されないよう、健やかにお過ごしくださいませ。

合掌


春爛漫の折、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
日に日にあたたかさを増す日差しに、桜の花の便りが明るさを添え、おだやかな春の知らせに心弾みますね。
桜咲き誇り春風の爽やかな中、月例法要を無事に執り行うことが出来ました。
お寺と桜、という日本の持つ美しい景色の中で行う法要は、永遠陵で眠られている故人様はもとより、ご身内様を偲び、心通わせる癒しのお時間となれば幸いです。
閑静な、吉川山 法光寺で、これからも緩やかに流れる時間と季節の移ろいとともに、皆様のお心に寄り添ったご供養のお手伝いをさせて頂ければと存じます。
季節の変わり目です、ご自愛専一にお過ごしくださいませ。

合掌


春霞のただよう季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
雨の中にも関わらず、たくさんのご身内様にご参加を頂き、おかげさまで春彼岸と月例法要を無事執り行えました。
春先の心地良い日中の暖かさに、花の蕾も膨らみ、新緑の季節がこようとしていおります。
春になれば法光寺の桜が、それは見事に咲き誇ります。まだ法光寺に足を運んでおられないご身内様にも、一度是非足をお運び頂けたら嬉しく思います。
次月、4月の月例法要は法光寺の年中行事『不動祭 柴燈護摩供』の開催がございますが、通常通り午後14:00より月例法要開催となります。
お時間がございましたら、法光寺の年中行事『不動祭 柴燈護摩供』は、参加自由ですのでみなさま是非お気軽に、ご参加ください。
これからも社員一同、変わることなく皆様のお心に寄り添ったご供養のお手伝いをさせていただけたらと、存じます。花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、
みなさま、どうぞご自愛専一、健やかにお過ごしくださいませ。

合掌


梅花の候、平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。
2月とはいえ、冬のなごりのように朝夕と寒い日が続いております。
皆様、風邪など召されず、健やかにお過ごしでしょうか。
法光寺にて2月の月例法要が執り行われました。
この寒さを過ぎれば、法光寺にも春の花が芽吹き、新緑の眩しいお庭となります。月例法要はご身内様にかわり、法光寺のご住職により法要が執り行われております。
生前頑張ってこられた故人様には、永遠陵で四季の移ろいを感じながら、地で安らかに過ごして頂ければと存じます。
次月、法光寺 3月の月例法要は、春の彼岸法要と同時開催となり3月23日(土)14:00より執り行われます。コロナウイルス感染拡大防止の為、ご参加の方にはマスクの着用をお願い申し上げます。
※おひにちのお間違えの無いようお願い申し上げます。
これからも山石社員一同、ご身内様に代わりまして、大切な方のご供養のお手伝いが出来れば幸いです。

合掌


謹んで新年のご挨拶を申し上げるとともに、
2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々とそのご家族に対しまして、謹んでお見舞いを申し上げます。
被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
永遠陵でお眠りになられている故人様も、ご身内様の健やかにお過ごしのこと、心おだやかによろこばれているかと存じます。
今年も山石社員一同、お客様の供養の心に添い敬い、より一層の精進を心がけて参ります。
至らない点もあるかとは思いますが、ご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

合掌

関連記事

  1. 【法光寺】2011年〜2023年 法要の様子